アメリカ人の朝食の定番だったドーナツが、夜も食べられるようになった理由

全米に1万3000件の店があり、年間約8500億円も消費されているアメリカのドーナツだが、いま、この文化に異変が起こり始めている。昭和生まれの筆者は、ドーナツとはおやつに食べるものと信じて疑わなかったが、20年以上前にアメリカに来て、アメリカ人がドーナツを朝食に食べ、昼の時間を超えると、ほぼ食べることはないということに気がついたときには、とても驚いた。アメリカに住むようになった初めての年、お世話に
Source: グノシーグルメ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました