日本初のコンビニ「セブンイレブン」で最初に売れた「意外な商品」

1947年5月、豊洲にて
日本フランチャイズチェーン協会が発表した統計によれば、全国のコンビニ店舗数は約5万5600店で、'19年の来客数は延べ174億5871万人にも及ぶ。
コンビニで購入できる品物の種類は年々増加している。軽食や雑誌はもちろん、体調不良になれば薬品を、筆記用具がなければボールペンを、服が不足したらシャツを……。いまや、日常生活における需要は、コンビニでほとんど揃ってしまう。

Source: グノシーグルメ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました