うどん激戦区の有名店主たちがライバル店の“悔しいけどおいしい一杯”を紹介

3月11日(水)放送の『水野真紀の魔法のレストラン』(MBS)は、うどん激戦区の大阪・福島、本町、難波、天王寺を代表する4軒の店主たちが、互いの店を敵情視察し、同業者ならではの視点で“悔しいけどおいしい一杯”を紹介する。

 福島で連日長蛇の列が出来る「うどん讃く」で、大阪うどん業界のレジェンド「き田たけうどん」の木田さんが“最も悔しい”と挙げたのは、うどんにごはん・生卵・豆腐・小鉢がセットにな
Source: グノシーグルメ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました