台湾の洗練された茶藝館で 忘れかけていた美的感覚を磨く

もともと「茶藝」とはお茶と一緒に芸術を味わう世界のことを言うそうです。その精神と今の美的感性を体験できる2軒をリストアップ。
 壺(急須)から茶海(ピッチャー)にお茶を移し、茶杯に注いでいただく。
「工夫茶」というスタイルで中国茶をたしなむのが茶藝館だが、じつは作法だけにとどまらないのが本来の姿。芸術や文化に触れながら、心豊かな時間を過ごすことを含め、「茶藝」という。
 その精神にのっとり、現代
Source: グノシーグルメ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました