大阪のスタバの飾り付けが「淀川のゴミ」に行き着いた納得の理由

大手コーヒーチェーンのスターバックスは、地域文化に根差した店づくりを進めている。例えば梅田にできた新店舗では、大阪にゆかりのあるアーティストが「淀川のゴミ」で作ったアートを店内装飾に活用している。経済ジャーナストの高井尚之氏は「大阪のスタバには親しみやすい雰囲気がある。これには店内装飾と従業員気質があるようだ」という――。

写真=筆者撮影

地元アーティスト「淀川テクニック」のオブジェ(L
Source: グノシーグルメ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました